お仕事辞典Vol2 マンガ家になるには

その他
東京校
マンガ学部

描きたいものを描く!自分の世界観を表現するマンガ家の世界♪

マンガ家の仕事は創造性と自由度があり、独自のキャラクターを生み出し、読者との交流やフィードバックを通じて成長する楽しさがあります。新しい世界を構築し、表現手段の幅広さを活かしながら異なるジャンルへの挑戦やファンとの結びつきを楽しむことができます。マンガ制作のプロセスは挑戦と学びの連続であり、自らの成長を喜びとすることができます。

マンガ家になるためのステップ♪

 

1 基本的なスキルの習得;
マンガを描くためには、基本的なドローイングスキルが必要です。アナトミーや構図、ペンの使い方など基本的なスキルを磨こう

2 マンガ制作ソフトウェアの習得:
デジタルでマンガを描くことが一般的です。マンガ制作ソフトウェア(例: Clip Studio Paint、Procreate)の基本的な使い方を学び、
デジタル環境での作業に慣れましょう。

3 マンガの基本を学ぶ:
マンガの構造や表現方法を理解するために、マンガ制作に関する書籍やガイドを読み、成功したマンガ家の作品を研究します。キャラクターデザインやストーリーテリングの要点に注目しましょう。

4 オリジナル作品の制作:
自分のアイディアやストーリーを元に、オリジナルのマンガを制作してみましょう。最初は短編から始め、徐々に長編に挑戦することで経験を積むことができます。

5 フィードバックの取得:
描いたマンガを友達や家族、オンラインのコミュニティなどでシェアし、フィードバックを受けることで成長できます。建設的な意見を取り入れ、改善点を見つけましょう。

6 ウェブコミックやSNSで発信:
制作したマンガをウェブコミックプラットフォームやSNSで公開し、読者との交流を深めます。フィードバックを通じて人気が出れば、編集者や出版社の目に留まる可能性があります。

7 専門学校やアートスクールの検討:
マンガの専門学校やアートスクールに通うことで、プロの指導を受けながら技術を磨くことができます。また、業界のネットワークも広がります。

8 アシスタントの経験:
プロのマンガ家のアシスタントとして働くことで、制作プロセスや業界の裏側を学びます。アシスタントの経験は、将来的に自分の作品を出版する際に有益です。

9 賞やコンテストへの応募:
マンガの賞やコンテストに応募してみましょう。受賞することで知名度が上がり、出版社の注目を浴びることができます。

10 プロの道へ進む:
一定の実績や人気を築いたら、出版社にアプローチしてプロのマンガ家としての活動を開始します。エージェントや編集者とのコネクションが重要です。
以上のステップを踏みながら、自らのスタイルを確立し、持続的な努力を続けることがマンガ家として成功する鍵となります。

マンガ家に必要なスキルとは!?

 

1 基本的なドローイングスキル:
キャラクターや背景などを正確に描くための基本的なドローイングスキルが必要です。アナトミーや遠近法、構図の理解が重要です。

2 デジタルアートスキル:
デジタルでマンガを描くことが一般的なので、デジタルアートスキルも重要です。グラフィックタブレットやマンガ制作ソフトの使い方を習得しましょう。

3 表現力・演技力:
キャラクターの感情や動きを表現するために、表現力や演技力が求められます。キャラクターに個性を与え、ストーリーを豊かに表現できる力が必要です。

4 コミュニケーション能力:
フィードバックを受けるためには、他のアーティストや読者とのコミュニケーションが必要です。適切なフィードバックを受け入れ、自分のアイディアを伝える能力が求められます。

5 ストーリーテリング:
良いマンガは魅力的なストーリーに支えられています。キャラクターの心情や状況を的確に伝え、読者を引き込むストーリーテリングのスキルが必要です。

まだまだ進路に悩み中の方はオープンキャンパスもおすすめ♪

シェアする